熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

突然ですが・・・

産後のママさん、骨盤ベルト正しく使用できていますか?

「産後特有の骨盤の不調」に悩まされる方、実は多くいらっしゃいますよね。

「骨盤が安定しない」状態であると、日常生活にも支障が出てくるため、できるだけ早く解決したいものです。 今回は、「産後骨盤ベルトの正しい付け方・位置」「いつからいつまで付けるべきなのか」「寝るときの着用は効果的なのか」などについてわかりやすく説明していきますね!

 

まず、骨盤ベルトとは!?

「妊娠中」、姿勢の変化によって「腰痛」が生じるなど、「腰・骨盤」への負担が少しずつ増えていきます。

原因として考えられるのは、「出産」が近づくにつれての「胎盤からのホルモンバランス変化」「体重増加」。

これが引き金となって、「筋肉・靭帯の緩み」が生じます。 また、「産前」に限らず、「産後」においても、「骨盤の不安定な状態」が続くことが多々あります。

もちろん、自然に戻りはじめはしますが、決してすぐに戻るわけではありません。さらに出産で骨盤周りの筋肉もダメージをおって固まりやすくなっていますのでなおさらです。 そんなときにおすすめしたいのが、「産後骨盤ベルト」。

「産後骨盤ベルト」を使用することで、「産後特有の骨盤の緩み」をしっかりとサポートし、日常生活での負担を軽減してくれます。

ただ「産後骨盤ベルトの使用」は、必ずしも必要ではありません。 もし、「腰が痛い」など「現に痛みを伴っている方」や「産後しばらく経つのに産前に履けたズボンが履けないという方」は、「産後骨盤ベルト」の使用で、症状が改善されていくのでお勧めいたします。

 

産後骨盤ベルトの正しいつけ方

「産後の骨盤」は、「妊娠中に弱まった筋肉」「出産時のホルモン作用」などの影響により、大きく広がった状態となっています。

このような「骨盤」を元へと戻してあげるためには、「産後骨盤ベルト」をただ装着するだけではなく、「正しい位置での付け方」を施すことが必要です。 ここからは、基本的な骨盤ベルトの正しいつけ方を今話題のご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【産後骨盤ベルトの正しい付け方・位置】

1.まず「産後骨盤ベルト」を巻く位置の確認をします。ポイントは、「骨盤の骨(恥骨)」と「大転子(太ももの骨)」の2つです。

b819148ef70662ef0bf3df8309a926b3_1519168149-480x287

2.さっそく、「骨盤の骨(恥骨)」を見つけ出しましょう。位置のイメージとしては、「おへそから真っ直ぐ下に降ろしたところにある硬い骨」です。

3.上記の「骨盤の骨(恥骨)」から外側に指を辿っていくと、「出っ張った骨」がありますが、これが「大転子(太ももの骨)」です。この2つの「骨部」を目安にして、「骨盤ベルト」を巻いていくことにしましょう。「巻く位置のポイント」をおわかりいただけましたら、まずは「骨盤ベルト」を「輪っか状」にしして、脚から通していきます。

4.次に、「仰向け」になります。膝を立てながら寝ころんでお尻を上に持ち上げてみてください。これを「骨盤高位」と言います。「骨盤高位」とすることによって、「広がってしまった骨盤」に落ち込み気味の「内臓器官」を引き上げていくことができるのです。この状態のまま、「骨盤の骨(恥骨)」「大転子(太ももの骨)」のライン上に「骨盤ベルト」を合わせます。

kotubankoui

5.「お尻の穴をキュッと引き締めるイメージ」で、「骨盤ベルト」を締めていきます。そしてそのまま「力」を緩めずに、「マジック」を止めてしまいましょう。

6.「ベルトの強さ加減」ですが、こちらに関しては、「骨盤高位」の状態で手をベルトの下に入れたときに「手のひらが1枚入る程度」とするのがベストです。

7.以上で完成です。

 

「産後骨盤ベルト」は、上記のように「正しい装着」を施すことによって、より早く「骨盤」を正常な状態へと戻し、「骨盤痛」「肩こり」「腰痛」「尿漏れ」などを改善していくことができます。

ところが、「誤った付け方」してしまうと、逆効果。

もし、「骨盤ベルト」を蒔いたことによって、「腰が痛くなる・股関節痛が生じる=症状の悪化」「痛い場所が変化した」などといったことを感じた場合は、すぐに使用を中止してください。

尚、「ガードル」は「骨盤上部」を締めつけるものが多く、着用することで「骨盤下部」が開いてしまう=「骨盤がさらに広がる」こととなりますので、「産後骨盤ベルトとガードルの併用」は控えるようにしましょう。

 

寝ているときにも効果的か?

基本的に、「寝ているとき」というのは「立っているときまで骨盤に負担をかけることがない」ため、「産後骨盤ベルト」は「起きているときに使用するもの」とされています。

また、「産後骨盤ベルト」を装着して寝るとなると、「寝返り」を打つときにずれやすくなり、余程特別なことがない限りは推奨されていません。

「寝ているとき」というのは、1日の中で「最も骨盤が緩んでいる」状態となっていますが、そのときに「産後骨盤ベルト」がずれてしまうと、かえって「骨盤の歪み」が増してしまうのですね。

中には、「足が浮腫む」という方もいらっしゃいます。

現に、「産後」はなかなか落ち着かないことが多いため、「寝ている時間を有効活用したい」との目的で装着を望む方は多いようですが、それはあまり現実的ではない上に、「朝も夜も」と常にベルトに頼るというのも、かえって「筋肉低下」を招いてしまうため、「産後骨盤ベルト」の着用は「昼間」を基本とするようにしてください。

 

産後骨盤ベルトはいつからいつまで必要?

「産後の靭帯」は非常に柔らかい状態となっているため、「骨盤矯正」を行う上では「絶好のチャンス」。

「産後6ヶ月を過ぎると、「骨盤」が固くなってくることから、より早めの対処が必要です。

「産後骨盤ベルト」を付けはじめる時期としては、「分娩直後が良い」という方もいらっしゃいますが、決して「明確な開始時期」が定められているわけではありません。

「骨盤はすぐに固くなる」ことももないので、ご自身の体調と対話をしながら「スタート日」を決めていくことが健全。

現に、「産後1ヶ月程度」は、「悪露」が生じるなど、「出産時の影響」が強く残ることも考えられる時期であり、無理をした状態で「骨盤調整」に入ると、逆に体調悪化を引き起こす恐れも出てきてしまいます。

一方で、「産後による腰痛・恥骨痛がひどい」という場合は、すぐにでも「骨盤矯正」をした方が良いというケースもありますので、1人で悩むことをせず、是非私達にもご相談くださいね。

覚えておいて欲しいのは、「産後1ヶ月を経過した状態」でも、遅いことはないということです。

また、「産後骨盤ベルトはいつまで使用したほうがいいの?」という声もよく耳にしますが、目安としては「3ヶ月程度」をすると良いでしょう。

あまりにも「長期間に及ぶ装着」は、「筋肉低下」を引き起こす原因となりますので、その点には十分ご注意を。

 

 

ここまで、「産後骨盤ベルトの正しい付け方・位置」「いつからいつまで付けるべきなのか」「寝るときの着用は効果的なのか」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

「産後骨盤ベルト」は、「産後特有の骨盤の不調」を解決する上で、非常におすすめのアイテムとなります。

ただし、「正しい位置での付け方」を施さないと、逆に「症状悪化」を引き起こしてしまうので要注意。

「いつからいつまで」という明確な規定はありませんが、「産後6ヶ月の骨盤が固くなりはじめる前」までの期間で「2~3ヶ月」の着用がおすすめです。

などなど、この他にももし気になることがありましたら是非当院でもご相談くださいね(^^)

熊本市 東区健軍で整体なら【口コミ実績1位】さくら通り整骨院 PAGETOP