熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

当院でもよくお話しするインナーマッスル

 

これを聞いて、何となく深い部分にある筋肉なんじゃないかなと思う人も多いと思いますが・・・

 

それ・・・正解です!!!

ただ、実際にどのような働きをする筋肉なのかということはご存じでない方も多いのでは?!

 

アウターマッスルの奥にあるインナーマッスルの存在に目を向けよう!

 

筋肉はアウターマッスルインナーマッスルに分けられます。

アウターは別名・表在筋。体表に近い浅いところを走り、太くて長くて強い。カラダ作りのために行う筋トレのメインターゲットです。インナーは別名・深層筋。骨格に近い深いところを走り、アウターより細くて短くて弱い。

大きな力を発揮するシーンではアウターが優先的に使われるため、インナーは働きにくい。また、アウターは目立つし、体型を直に左右するから鍛える機会も多いのですが、でもインナーはアウターにはない重要な役割があるのです。

 

インナーが姿勢と動きを制御する!

 

大切なものは目に見えないといいますが、存在感は薄くてもインナーマッスルは縁の下の力持ち的な役割を担っています。その一つがフィードフォワード制御

姿勢が崩れそうになると、皮膚や筋肉などに埋め込まれたセンサーや資格がキャッチした情報を脳にフィードバックし、姿勢を保つ。それと対照的なのがフィードフォワード制御。人間の動きにあらかじめ備えて、反射的かつ無意識に行われます。

たとえば、重たいものを持ち上げようとすると、誰もが無意識にウッと呼吸を止めてお腹に力を入れます。そこで主に活躍するのが、腹腔の腹横筋や多裂筋といったインナーマッスル群。体幹が安定すると大きな力になるため、重たいものを持つのに備えてインナーユニットがコルセットのように体幹を引き締めて安定させようとしてくれます。

この他、インナーは脊柱、肩甲骨、骨盤といった骨格が正しく動くための動的安定性を保証します。よくお話しする腸腰筋は重心に近く、上半身と下半身を跨いで姿勢を定めてくれます。インナーは地味でも軽視できない大きな役割を持っているのです。

 

アウター優位と便利な生活が、衰えを招く

 

運動不足だと筋肉は衰えやすいものだが、残念ながらインナーはアウターよりも衰えやすいです。理由は2つ。

第一の理由は、インナーはアウターより細くて短いから。か弱くて余力が少ないので衰えやすいのです。

第二の理由は、便利すぎる現代生活にあります。サザエさん一家が暮らすような昭和な住まいと比べると、今では一戸建ても集合住宅も段差が減り、バリアフリー化が進んでいます。和室も和式トイレも少なくなり、ベッドで眠る人が大多数となり布団の上げ下げも不要となっている。さらにオフィスも駅もフラット化し、階段に頼らなくてもエレベーターやエスカレーターで楽に移動可能。仕事も買い物も椅子にじっと座り、パソコンやスマホを操作するだけで事足りる時代。便利で楽できるのは喜ばしいのですが、その反面、姿勢も動きもパターン化し、関節や動きの微妙な調整を担うインナーの出番が減って衰えやすいのです。

運動不足解消のためのトレーニングはアウターに偏りがち。アウターが優位になりすぎると、奥に控えるインナーはますます機能しにくくなります。今更不便な生活には戻れません。ならばインナーも忘れずにケアをして、アウターとインナーを偏りなく使うのが正解です!

 

インナーマッスルのこと、わかっていただけたでしょうか?

私たちがインナーのことを口を酸っぱくして言うのもわかるでしょう(^^)

当院で行っているインナーマッスルマッサージ。インナーにしっかりとアプローチし、衰えているインナーを緩めケアしていきます。セルフケアの方法などもお伝えしますので、是非ご相談くださいね!

熊本市 東区健軍で整体なら【口コミ実績1位】さくら通り整骨院 PAGETOP