熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

こんにちは!

ブログの時間がやって来ました!

1月も残り半分!寒さも激しくなりましたね。春までもう少しの辛抱です!笑

早速、今回は水に関してやっていきましょう!と言っても1日にどのくらいの量を飲んだらいいのか?飲んだ水の行方は?など知らない方が多いかと思います。これを読んだあなたは水のスペシャリストですね!

✩1日に約〇〇ℓの水が体を出入りしている?

私たちの体を満たしている体内水は日々入れ替わっています。1日に体を出入りする水の量は、約2ℓ~2.5ℓとも言われています。それだけの水を私たちは摂取し、また排出しているのです。体内水は血液とともに全身に行き渡る際、酸素や栄養素を運び、さらに老廃物を回収します。水が体内に入る量が不足していると代謝がスムーズに行われずに頭痛、体のだるさ、足がつるなどさまざまな不調に繋がります。

✩体内に入る水は主に飲料水と〇〇?

水が体に入る経路は基本的には口からなのす。私たちは飲料水から1日1ℓ~1.5ℓの水を取り入れています。人は水を飲まないと4から5日で死んでしまうと言います。それほど、水を飲むことは重要なのです。また飲む以外に食べ物からも水は摂取できるんです。食べ物そのものに水分が含まれているからです。さらに、代謝によって体内でつくられる水もあり、これらをトータルして1日に必要な体内水、約2.5ℓがまかなわれているのです。それだけ水は重要なんですね。

✩体内水を排出する4つの機能

体内水が体から出ていく経路は、4つあります。最も多いのが尿で1日に排出される体内水の約半分が膀胱から出ていきます。そのため尿の出が悪いなど膀胱のトラブルを抱えていると、体内水のバランスも崩れやすくなります。

尿の次は汗です。真夏の暑い日や激しい運動をしたときは汗を大量にかくのでその分、体内水も失われます。水分を補給しないと体は脱水状態になり、熱中症などの病気を引き起こす危険性があります。

また吐く息からも、体内水は出ていきます。1日の呼吸の回数は約200万回といわれています。その結果、約コップ2杯分もの水が排出さてれいます。

最後は便です。便にも水分が含まれています。食中毒なとで下痢が続けば、それだけで体内水も減ります。便秘が続けば体内水も溜まりやすくなります。

以上の経路で1日に約2.5ℓの体内水が排出されています。水を飲む習慣がつくだけでも体の調子はあがっていきます!なかなか飲めない方は、500㎖のマイペットボトルを日頃から持ち歩くのも良いですよ!どのくらい飲んだかすぐ確認できます!また飲む時間帯を決めるのもオススメです!みなさんためになりましたか?これで残りの冬、いや今年、頑張っていきましょう!

熊本市 東区健軍で整体なら【口コミ実績1位】さくら通り整骨院 PAGETOP