熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

いや~!最近はとても暑いですよね!

暑くなると喉を潤したいと思いませんか?

朝、新聞を読みながらのコーヒーや食事中の水、仕事終わりのビールなど様々な場面、気分次第で飲み物を飲みたいはずです。

特に仕事終わりのビールは最高に美味いですよね!笑

 

今回、あなたに伝えたい事は、コーヒーの良さ、

仕事終わりのビールの美味さではなく

『水を飲むことでのメリット』です。

 

水のイメージ!

「水は健康に良いから」「熱中症予防」「美容効果」とイメージはあってもその理由を明確に知っている人は少ないのではないでしょうか。毎日水を飲む習慣を持つことは簡単なことではありませんが、しっかり意識することで習慣になります。今回はあまり詳しくは知らないあなたのために水を飲むことでさまざまなメリットがある中の1つについてお教えします。

 

疲れを感じやすい!?

7月の後半になり、暑さがどんどん増し、

最近は「体がダルい」「疲れやすい」と言ったことが多くなっていませんか?

まず、私たちの体を占める水の割合がどのくらいかご存知ですか?

成人の平均的な体の水分量は、およそ60%と言われています。

体重の1~2%ほどの軽い脱水状態でも、体力は低下し、疲れを感じやすくなります。「のどが渇いた」と思ったときには既に脱水状態に陥っているので注意が必要なのです。また、脱水状態は疲労、筋力の低下、めまいおよび他の兆候に結びつくこともあります。

 

命の危険が!

私たちは体の水分量の20%ほどを失うと命の危険にさらされるとも言われており、体の水分がどれほど重要なものであるかが分かります。

 

そうならないためには!

のどが乾いてから水を飲むのではすでに脱水症状になっているので手遅れです。ということで、水を飲む習慣をつけることが大切です。起き抜けに1杯飲み、食事をするごとにまた1杯飲み、食事と食事の間にも飲み、運動の前後にも飲むなど、「のどが渇いた」と感じることのないようにこまめに水を飲むようにしましょう。それでもなかなか難しい!と思うあなたにはマイペットボトルを持ってはいかがですか!?500mlのペットボトルを常に持ち歩けばどのくらい飲んだかすぐわかります。

理想は1日に1ℓ~2ℓの水を飲むことです。

これであなたも疲れにくい体を手に入れることが出来るかと思います。

 

1日、1週間、継続するのを頑張ったからと言ってOKではありません!1ヵ月、半年と長く継続することで成果が出ます。

さくら通り整骨院ではウオーターサーバーの水を定期的にかえています。“京都の天然水”“富士の天然水”“日田の天然水”と健康に関してこのような取り組みもしています。

今1度、ご自身のお体と真剣に向き合ってはいかがですか?

 

熊本市の整体は「さくら通り整骨院」へ PAGETOP