熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

こんにちは!

9月の中旬にもなり朝・夜は肌寒く、

日中は日差しも強く暑いと感じる事が

多くなってきましたね!

9月からは服装も難しいところです!

 

そう言えば最近、患者さんから

様々な悩みを聞きます。

特に気になったのが

『仕事中、同じ姿勢でいる時間が長いのよ~』

『そのせいでか足の冷え、むくみも酷いのよ〜』

 

そんな悩みを聞いて私が思ったのは

『肩こり、腰痛以外にもこのような症状で

悩んでる方も多いんだな!』と感じました!

 

ということで、今回はそんな悩みを

少しでも軽減してもらうために

『水を飲むことで冷え防止!?~むくみ改善の道~』をお伝えします!

 

冷えむくみの原因は?

自律神経のアンバランスなのです。自律神経は血管の収縮や拡張を司り、ストレスや緊張で血管が収縮すれば、末梢神経が狭くなり、温かい血液が末端まできちんと運ばれません。これが原因で足先や手先が冷えたり、逆に顔がほてったりするのです。

水分が不足すれば血液が粘度を増し、流れにくくなるため、さらに冷えが進みます。

 

②体内水が滞り、排出されるべき老廃物が体にたまっている状態です。むくみ対策として、水を飲まない人がいますが、これは間違い。水分が足りないと慢性脱水症状になり、血液がドロドロになります。

すると血流が悪くなり、ますます老廃物が排出されなくなるという悪循環に。

 

そうならないためには

水を飲むと体が冷えそうというのは大きな勘違い。血流を良くし、細胞が活性化すれば循環器の働きも良くなり、さらに血行が良くなります。特に炭酸水は血管の拡張作用があり、カリウムには血流を良くする働きが。水飲みは冷えの最大の対策です。

ただし、冷え過ぎた水は直接内臓を冷やすので、ミネラルウォーターは常温、炭酸水も冷やし過ぎに注意。

 

まずあなたにして欲しいこと

体を動かすこともやって欲しいんですが、

まずは水を飲む習慣をつけることがです。

起床時に1杯飲み、食事をするごとにまた1杯飲み、仕事中にも1杯飲み、運動の前後にも飲むなど、

「のどが渇いた」と感じることのないように

こまめに水を飲むようにしましょう。

それでも、なかなか難しい!と思うあなたには

マイペットボトルを持ってはいかがですか?

500mℓのペットボトルを常に持ち歩けば

どのくらい飲んだかすぐ分かります。

理想は1日に1ℓ2ℓの水を飲むことです。

 

これであなたも水を飲む習慣がつき、

冷え、むくみの改善に近づきます!

1日、1週間、続けたからと言って大丈夫!

とかはありません。

1ヵ月、半年と長く続けることで成果が出ます。

それに伴い、ストレッチを入れても効果は倍増ですよ!

 

さくら通り整骨院ではウォーターサーバーの

水を定期的に代えてます。

京都の水や富士の水、

体に素直に入ってくる真水など、

健康に対してこのような取り組みもしています。

1度、ご自身のお体と真剣に向き合ってはいかがですか?

熊本市の整体は「さくら通り整骨院」へ PAGETOP