熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

この時期になるとウォーキングや走っている人をよく見かけます。

運動するのにいい季節というのもありますが、マラソン大会に向けて練習している人もいるのでは?

そこで今回は走る人によく見られる腸脛靭帯炎について書きたいと 思います。

そもそも腸脛靭帯炎とは? 

別名、ランナー膝とも言われています。 簡単にいうと腸脛靭帯というところに炎症が起こってしまい痛くな ることです。 腸脛靭帯は太ももの外側に位置し、膝の曲げたり伸ばしたりする役目があります。膝の曲げ伸ばしをするたびにこの腸脛靭帯が骨とこすれて摩擦が生じるため炎症が起こりやすくなり、膝の外側に痛みを生じることです。

走っている時、走り終わった後に痛みが出たり、一定の距離を走るとだんだんと痛みが出る方もいます。また、痛みが出ても休むことである程度良くなり、走り始めるとまた痛くなることを繰り返す症状でもあります。

しかし、本来は腸脛靭帯と骨がこすれあうようには出来ていません。それは、ある程度の柔軟性や弾力があるためこすれにくく、もしこすれたとしても簡単には炎症が起きないようになっているはずです。

ではなぜ、擦れるようになってしまうのか?

腸脛靱帯は大腿筋膜張筋(太ももの外側)や大殿筋(お尻の筋肉)とつながっています。 しかし日常生活などで姿勢が悪くなっていたりすると大腿筋膜張筋や大殿筋(お尻の筋肉)が硬くなり、腸脛靱帯が常に引っ張られる状態になり柔軟性が無くなってしまいます。 その状態で膝の曲げ伸ばしをすると柔軟性のなくなった靭帯と骨が擦れ合ってしまい炎症が起きるのです。

腸脛靱帯炎の原因

1、オーバーユース(使い過ぎ)

腸脛靱帯炎になる最も大きな原因が「オーバーユース」、つまり「使いすぎ」です。 トレーニングの負荷が大きすぎたり、いきなり長い距離を走ったりなど、膝に負荷がかかってくると症状が出てきます。 初めは運動後に痛みがでる程度ですが、次第に運動中にも痛みが出てくるようになります。そして、酷くなると痛くて運動が出来なくなり、最悪の場合靱帯や腱を断裂することもあります。

2、走行フォームが悪い

腸脛靱帯炎になると、膝の外側に痛みが出ます。走る時のフォームのクセも原因があると言われています。 体重が身体の外側にかかるような走り方をしていると負荷がかかり、腸脛靱帯炎になりやすいのです。また、 体重が身体の外側にかかりやすいという点では、O脚(ガニ股)も腸脛靱帯炎の原因になります。

3、走行環境

腸脛靱帯炎はランナー膝と言われているくらいですから、走る時の走行環境も原因になります。走る場所が、アスファルトなど固い場所や下り坂が多い場所、でこぼこのある場所やカーブが多いコースなどを走ると膝に負荷がかかってしまうので、注意が必要です。

4、シューズ

一般的なランニングシューズは踵(かかと )で着地することを想定して作られています。なので、踵部分にクッション材を厚めにしているものが多いです。 しかし、同じシューズを長期間使用していると踵がすり減り衝撃の吸収具合が変わってきます。シューズは踵がすり減ったらなるべく早めに買い換えることをおススメします。

腸脛靱帯炎の治療法

腸脛靱帯炎のほとんどの原因がオーバーユース(使いすぎ)によるものです。なので、安静にすることが大事になってきます。ただ、それだけでは良くなりません。上記で説明したように、日常生活などで姿勢が悪くなっていたりすると大腿筋膜張筋やお尻の筋肉が硬くなり、腸脛靱帯が常に引っ張られ柔軟性が無くなってます。なので、この筋肉をマッサージでほぐしたり、ストレッチをすることで柔軟性が徐々に戻って来るので、痛みも取れ再発防止にもなります。 今まで腸脛靱帯炎が良くならずに悩まれていた方、安心してください。 根本的な治療をすることで改善しますよ!

熊本市 東区健軍で整体なら【口コミ実績1位】さくら通り整骨院 PAGETOP