熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

こんにちは、さくら通り整骨院です!

今週末はいよいよ熊本城マラソンですね。この日に向けて準備をしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

マラソンでは準備も大切ですが、もう一つ大事なことが!

走り終わって、自己ベストを更新できた人も、失敗レースだった人も、長いレースが終わると安心して気が抜ける人も多いと思います。

でも、ちょっと待って!終わった安堵感も分かりますが、ラン後のケアこれがとても大事です!

特に走り慣れていない方は要チェック!!ケアって何をしたらいいのか?きちんと知りたいレース後の過ごし方をお伝えします。

 

レース直後におこなう身体ケア

 マラソンでゴールしてからその日寝るまでの間の過ごし方は、ケガを予防したり、身体の回復を早めるためにとても大切です。フィニッシュするとホッとしてつい疎かになってしまうのがレース直後の身体のケアです。免疫力が低下しているこのタイミングで初期対応を間違うとケガを誘発したり、風邪を引いたり、回復を遅らせてしまうので注意しましょう。

• 汗冷えに気をつける

フィニッシュ直後から大量にかいた汗が身体を冷やす「汗冷え」が起きます。風邪を引くなど体調不良の原因になるので乾いたタオルで汗を拭き、上着を着るなど対策を取りましょう。

• アイシングをする

長時間酷使し熱を持った筋肉や関節をケアするには冷やすことが重要です。冷却系の湿布を貼ったり、冷水に浸かったりなど、運動後はとにかく冷やして筋肉をいたわりましょう。

• 入浴

アイシングを行なった後にゆっくりと入浴しましょう。出来るだけ湯船に浸かることで筋肉をリラックスさせると回復に効果的です。

• 寝る前に足を上げる

長い距離を酷使した足と身体の血流を良くする効果があります。翌日の足のむくみにも効果があるので特に女性の人は試してみてください。

 

レース数日後からの身体ケア

レース直後や翌日などにマッサージや鍼治療を行う人もいますが、焦りは禁物です。筋繊維が壊れている状態での直接的な治癒行為は筋肉をより痛めてしまう可能性があるからです。レース直後数日は休息と栄養摂取をして回復に努めましょう。

筋肉のケアは14日間  

マラソンランナーを調査した研究によると、筋肉の炎症や筋繊維が回復するまでにフルマラソン後14日間かかるそうです。これは、レース後の14日間は完全に回復に当て、走力アップを目的としたランは控えることを意味します。  

フルマラソンなど長距離走が身体に与える負担は決して小さくありません。せっかく頑張って完走しても、その後のケアを怠って、体調を崩したり、怪我をしたりしては意味がないのでラン後のケアはしっかりしましょう。

 

ここで一度まとめてみましょう!

レース直後

• 汗冷えに気をつけ、アイシングと入浴、睡眠をしっかり取る

レース1〜2日後

• 完全休養(出来る限りカラダを休める)

• ゆったりと入浴し、よくストレッチを行う  

※軽いマッサージを行うと筋肉の回復を早めるが、強めのマッサージは厳禁。

レース3〜7日後

• 走ったとしても、距離は3〜6km程度が望ましい

• 様子を見てやや強めのマッサージを行っても良い  

※あくまでも脚の血流を促進するためであり、ペースはゆっくり

レース8〜14日後

• レース後の痛みなどが引かない場合は、専門医の診察を受ける

• まだ回復期だということを意識した生活を送る  

※焦らずにゆっくりと元のトレーニングに戻していく

 

フルマラソン完走が珍しくなくなってきた昨今ですが、だからと言って体へのダメージが減った訳ではありません。筋肉、内臓、メンタルに与えるインパクトは大きいので、きちんと回復させる必要があります。 正しい知識と適切な判断をして、ケアを行ってください。

もちろん私たちさくら通り整骨院も、そのようなお悩みにも全力でサポートさせていただきます!

分からないことや体のお悩みありましたら、どうぞご相談くださいね♪

熊本市 東区健軍で整体なら【口コミ実績1位】さくら通り整骨院 PAGETOP