熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

あっという間にゴールデンウィークも終わり、あと1ヶ月すると梅雨のシーズンですね!
梅雨は一年のうちでもとくに体調を崩しやすいシーズンです。
この梅雨の時期の体調管理についてご紹介します。

梅雨の時期はなんとなく疲れやすいという方が多いのではないでしょうか?
これは梅雨には低気圧が発達しやすいため、人間の体が余分なエネルギー消費を抑えようと副交感神経を活性化させるため、身体を休めようという信号が発せられることで、「だるさ」を発生し、動きが鈍くなってしまうというのもあります。

この対策としては体温を常に高めにしておく、つまり梅雨の疲れやすさは温度調節が重要なのです。 寒いと感じたときには一枚上着を羽織る、布団に毛布を一枚重ねて寝るなどの工夫をし、入浴時にはゆっくりと時間をかけてお湯に浸かると効果があります。
また夏は体力を消耗する季節ですが、梅雨の時期でも油断はできません。
暑さへの対応には夏に入る前から準備することが必要です。
今から生活のリズムを作っておきましょう。

食べる事、体を動かす事、眠る事!
基本的な生活リズムを作っておくことは食中毒や熱中症に対する抵抗力をつけるだけでなく夏バテに陥らない体を作ります。

食べる事

しっかり食べる

夏場の水分補給はとても重要です。 しかし、水分ばかりとっていてはおなかが膨れてしまい、必要な栄養を取れなくなってしまいます。少量でもいいのでこまめな水分補給を心がけましょう。 また主食、主菜、副菜をバランスよく取ることに気をつけましょう!!

運動

本格的な夏が来る前に、汗腺と自律神経系を鍛えておきましょう。 ウォーキング、軽いジョギング、筋トレ等の適度な運動を普段から心がけると夏を快適に過ごせます。

眠る事

毎日、同じ時間に起きるようにする。

就寝時間を決めておくよりも起床時間を一定の時間にしておくほうがリズムを作っていく上では重要です。 また夏は寝苦しく、睡眠不足に陥りがちです。 生活のリズムを崩さない範囲で30分程度の短い時間の昼寝をオススメします。

以上のような事を気をつけながら、梅雨になる前に体調を崩さない体を作って行きましょう!!

熊本市 東区健軍で整体なら【口コミ実績1位】さくら通り整骨院 PAGETOP