熊本市東区で整体なら「さくら通り整骨院」へ│健軍町駅3分

寒さの中にも少しずつ春の暖かい日差しを感じられるようになりましたね。 昼と夜の寒暖差が激しいので体調管理にも注意が必要です!

まだまだ寒さが残る日々に手足や肌の乾燥が気になる方も多いのではないのでしょうか?

紙をめくろうとしたら指がかさかさで上手くめくれない、肌の乾燥で化粧のり悪い… それらは空気の乾燥だけが原因ではなく、体内の水分不足も関係しているようです。

さて今回はそんな体内の水分不足についてのブログです!

 

☆体の水分は年齢とともに減る

唇が乾いたり、手指がカサカサしたりと肌の乾燥を感じる人も多いでしょう。でも、乾いているのは肌だけではないこと、ご存じでしたか? 実は、老化とともに体内の水分量はどんどん減っていきます。生まれたばかりの赤ちゃんは体重の約80%が水分ですが、大人になると水分量は約60%になり、60歳以上では約50%にまで減少。体内の水分が減ると、ドライスキン(肌の乾燥)、ドライアイ(目の乾燥)、ドライマウス(口の乾燥)といった症状が起きるほか、骨や関節が弱くなったり、内臓の機能が低下したりします。脳の機能退化も体内の乾燥による現象の一つと言われています。また、血液中の水分が少なくなり、ドロドロになることが、心筋梗塞や脳梗塞などの一因にもなります。

 

 

☆体内水分量をアップさせる方法

体内水分量をアップさせれば、乾燥による不快な症状を改善することができ、いつまでも若い体を保つことにもつながります。特に乾燥する時期は、水分量を増やし、失われないように心がけることが大切です。

 

・塩分を控えめにする

細胞を取り囲む血液などの塩分が濃くなると、浸透圧によって細胞内の水分が流れ出し、細胞の水分量が低下して、水分不足になります。寒い時期は塩辛いものが食べたくなりますが、細胞の水分を確保するためには、塩分を摂り過ぎないように気を付けましょう。

 

 

・少しずつ水を飲む

体が吸収できる水の量は、30分間に200cc程度。そのため、一気にたくさんの水を飲んでも吸収しきれずにムダに排出されてしまいます。時間をおいて少しずつ飲むことで、必要な水分をしっかりと取り入れることができます。寝ている間は水分補給ができないので、寝る前にコップ1杯の水を飲みましょう。また、寝ている間も汗をかくことで体内の水分が失われるので、寝起きにもコップ1杯の水を摂るようにしましょう。

 

 

・口呼吸をやめて鼻呼吸へ

水分を補給しても、肌の表面から蒸発したり、尿や便として排泄されて体内の水分は減っていきます。そこで、水分量を保つためには蒸発を抑えることが大切です。部屋を加湿したり、肌を保湿したりするほか、意識したいのが口呼吸をやめること。口で呼吸すると、ドライマウスを招くだけでなく、蒸発する水分量を増やして体内の乾燥が進んでしまいます。口呼吸をやめて鼻呼吸を心がけるだけで、体内の水分量を保ち、うるおいのキープ力が高まります。

 

 

・脂肪を減らして筋肉をつける

脂肪の方が筋肉よりも水分が多いように思いますが、実は逆。脂肪の保水率が10~20%なのに対し、筋肉は75~80%もの水分を含むことができます。実は、筋肉量の多い男性の方が、脂肪の多い女性よりも水分率が高いのです。脂肪を減らして筋肉をつければ、体内の水分量を保持する力が高まります。

 

 

普段生活していくなかでも水を少しずつ飲む事や鼻呼吸をすることなど意識的に取り組めそうですね! 出来ることから始めて乾燥知らずの肌を目指していきましょうね!!

熊本市 東区健軍で整体なら【口コミ実績1位】さくら通り整骨院 PAGETOP